--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-03-23

時の宿 すみれ

IMG_1750.jpg

妻と久々の平日の連休、何処かに行こうかと、話しましたら
温泉でも、っとの事でしたが、ネットで検索してみましたら
流石に平日、すみれさんの部屋が空いていましたので思わずぽちっと押しました。
後は、休みが来るのを待つだけで、楽しみな牛肉尽くしの夕食を考えていましたら
天候が目まぐるしく変わるのが春の常
米沢は前日の日曜は17℃まで気温が上がったのに
うかがう月曜は、最高気温が3℃とは、しかも天候は一日雪の予報
車で行くつもりでしたので、気分はナーバスになりましたが
幸い、先月高級スタッドレスタイヤに履き替えたばかり
多少の雪は大丈夫と思い、出かけました。
途中、高速道路の20m以上の横風での50km規制
栗子峠の-3℃での路面凍結など、もろともせず無事宿に到着
ウェルカムドリンクの抹茶とロッシェ(お菓子)を頂戴しほっと一息
着いた時は晴れていた天気もその後、深々と静かに降る雪の世界の中
入る露天風呂も風情のあるものでした。
IMG_1926_20150326221554205.jpg

さて、肝心の夕食は、
すみれの米沢牛懐石二千十五春として

IMG_1813_20150326221720c59.jpg
IMG_1816_20150326221722f81.jpg
○外ももロースト雪うるいとコンソメジュレ
 紅しぐれ大根桜風味の酢漬けと共に
口開けとして、コンソメジュレの濃厚な旨さに、来て良かったと思います。

IMG_1823.jpg
○じゃがいものクリームスープ
 外ばらベーコンのクリスピー
滑らかで濃厚なスープにベーコンがアクセントになって
空いたお腹が、喜びます。

○しきんぼの野菜ロール三種のソースで
淡泊なお肉とお野菜をソースでいただきましたが
個人的には、バルサミコソースが気に入りました。

○いちぼローストポモドーロソース
春キャベツと山菜を添えて
焼いた山菜は始めていただきましたが
えぐみも程々で旨いですねぇ
春キャベツとソースが美味しくて、お肉にも合っていました。

○お口直しのグラニテ グレープフルーツとカモミール
カモミールが効いていて、さっぱりしました。

○大とろポワレのにぎりと
牛そぼろのちらし寿司
口の中でとろける大とろポワレのにぎりの旨さは変わりませんが
牛そぼろが美味しくておかわりしたい、ちらし寿司でした。

○とも三角のすみれ漬焼き
すみれさん、定番の秘伝の味噌漬けのお肉ですが
ここで、白いご飯が欲しくなりましたが、付け合わせのうどが旨かったです。

○千本湯引春ふきと筍のじゃばらみかんジュレ
春を感じさせる一品、ジュレが旨かったです。

○すみれの冷汁
以前三回は、訪れた季節が違いましたので
中身が違いましたが、本当に美味しいと感じる冷汁で
最後の一滴まで頂戴しました。

○サーロインステーキ
初めに焼く前のお肉を見せていただきましたが
綺麗にさしの入ったお肉で丁寧にミディアムレアに焼いてもらいました。
今回は、ご飯(つや姫)も一緒にいただきましたが
その方が、お肉は食べやすかったと思います。
しかし、つや姫、旨いですね
お肉は旨いのですが、ズンズンお腹に溜まる感じですので
次回はフィレの方が有難いかもしれません。
付け合わせは、長芋が一番気に入りました。
岩塩も旨いのですが、ワサビでいただくお肉が好みです。

○肩三角とふきのとうの牛骨スープ茶漬け
お腹がいっぱいでも不思議と入ってしまう
優しい味ながらも力強いスープ〆としての危険な一杯です。

○いちごのアイスクリームとパンナコッタ
いちごもアイスクリームもほとんど食べない妻も絶賛した
優しい味のアイス、全体の分量も良く、更に食べてしまいました。

夕食のテンポも良く、二時間余りで終わったのは有難かったです。
今回はおススメの高畠ワイナリーのスパークリングワイン
嘉 Yo-shiのオレンジマスカットをいただきましたが
程よい甘さで美味しかったです。

朝食も、牛肉尽くしは変わらず、お腹がいっぱいにもかかわらず
お代わりしてしまうつや姫の旨さでした。

今回は、初めての雪の季節の訪問でしたが
思いがけず、スタッフの方が、車の雪下ろしをしていただいたり
素直に出る心配りに感激しました。

気持ちの良いお店は、大阪のクイントカントにも通じる
若い方が自発的に行動している心配りが嬉しいですね

次回は、あまり時を置かないで時の宿にお邪魔したいと思いながら
後ろ髪を引かれながら、宿を後にいたしました。
スポンサーサイト

2015-03-10

七條

牡蠣フライ女子推薦の口コミを読ませていただき
かなり前から、BMしたままの七條さんにうかがいました。

丸ノ内線、淡路町駅を外に出ると、まさかの雨
帽子をかぶり、何とか司町交差点を目指します。
右に曲がり、かなり行った所で曲がりましたが
宅急便のお兄さんに聞いたらワンブロック手前
本郷通の一本手前の路地にお店がありました。

着いたのが、11時45分でしたので、行列を覚悟しましたが
幸い、店内に席が空いています。

しばらく待っていましたがお店の方は奥にいるだけでそのまま数分が過ぎました。

やっと気がついてくれて、店内に案内されながら、
相席と言われて窓際の四人席の手前に案内されます。

窓際の席でしたが初老のサラリーマンと思われるお二人が
談笑されています。

注文は、三陸産カキフライ 1340円と思いましたら
追加の海老フライ 一本300円とメニューに記入されているのを見つけたので
お願いします。

直ぐにスープが運ばれます。
カトラリーを入れた籠は、テーブルの窓際にあり、
初老の紳士達は、全く気がつきませんので、
仕方なくそのまま口をつけていただきます。
野菜の味が出ている優しい味のスープで、体が暖まります。

スープが運ばれてから12分後、
カキと海老フライの出来上がりです。

以前のお店でいただいた海老フライより小振りですが
見事にそそり立つ立派なもの
三陸産のカキフライはこちらも福々と大きめのものが四つ
残念ながらタルタルソースは下に引いてありますので、
そのままいただく事は出来ません。

早速いただこうと思いましたら、
例のカトラリーの件が解決していません。

結局、手慣れた感じの女性は、仕事は慣れていなかったようで
手づかみで食べろという事か
っと怒ってみても大人げなく
相席の老人達の向こう側のカトラリーを取る勇気もなく
申し訳なかったですが、
左隣の妙齢な女性がお一人の席のカトラリーをお借りしました。

これでも、料理が満足ならば無問題なのですが
プリプリの海老フライを一口ほおばりますと
かすかに生臭さを感じます。
まさかと思い、カキフライも試してみますとこちらは更に生臭い
ええっ、こんな老舗のお店がこんなものを出しているのか
っと周りを見渡して見ましても、フライ物を美味しそうに頬張るお客さんばかり
こりゃ私の馬鹿舌のせいと思い、取りあえず納得のいかないまま完食しました。
後日、別の複数のお店で海老フライ、カキフライを頂戴しましたが
このような事は感じませんでしたので、単にブレという事だったのでしょうか

雨は上がりましたが、心はザアザア雨の状態で
寂しくお店を後にし、わざわざこの為にお店に行ったことを後悔した一日でした。
プロフィール

カメさん

Author:カメさん
♪龍宮城♪で書けなかった
思っていることをつれづれに
書こうと思います。(^ー^)

カメさんの食べ歩き
「フォト蔵」
「フォト蔵」
FC2カウンター
リンク
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クリック募金
ブログ内検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。