2015-09-03

つかもと

IMG_8593.jpg
IMG_8596_2015092109073428f.jpg
IMG_8594.jpg
IMG_8598.jpg
IMG_8599.jpg
以前から気になっていたお蕎麦屋さん
一度、伺いましたら定休日で、しかも月曜、火曜という事で
今回、やっと伺うことが出来ました。

お店は通りから奥まったところにあり
前に駐車場、その後に、うっそうと草木が生い茂る
お庭を通りますと、暖簾があらわれます。

本日のお蕎麦の生産地は北海道深川市音江町のキタワセ種と表示されているのは
素材にこだわりがあるんですね

香を焚いている引き戸を開けますと土間のような空間があらわれ
右側に大きな下駄箱でその奥が座敷
左側にも部屋が続き、四人掛けのテーブルが
二つ並ぶ部屋につながります。

着いたのは開店15分後でしたが、幸いテーブル席が空いていましたので
そちらに案内されました。
大きな窓の外は、先程のお庭でその先に駐車場、通りが見えます。

そば茶と分厚い生地のおしぼりを持ってきて頂き
しばしメニューとにらめっこ

ダメもとでお聞きした蕎麦がきは、
予約なしでもお願いできるとの事で
そばがき 648円 葱、海苔、土佐醤油と
私は三色そば 1188円 ゆずきり、おせいろ、田舎
妻は、つけ鴨そば 1512円 あい鴨ロース使用
をお願いします。

天井など古民家風の空間は落ち着いた感じで
静かに時が流れます。

15分後、先ず蕎麦がき登場
大きなどんぶりに熱々の蕎麦がきが入れられ
海苔、葱と、つけると美味しいと、先にワサビも運ばれます。
土佐醤油を付けて食べると旨いとの事で
そのままや、海苔に乗っけて葱といただいたり
ワサビをつけたりして楽しみました。
滑らかで舌触りの良い蕎麦がきは、海苔との相性が良く
ワサビも合います。

二人でいただきましたが、これだけで
腹が膨れます。

その後、8分程で
三色そばとつけ鴨そばが登場
三色はゆずきり、せいろ、田舎で
何でもないせいろそばが滑らかで歯ごたえも丁度で美味しく
ゆずきりも程良いゆずの香りが旨いです。
反面田舎はかなり固めで蕎麦もボソボソで好みではありませんでした。
更に蕎麦汁が醤油の味が強く、折角の蕎麦の美味さを生かしているとは
思えませんでした。
妻の注文したつけ鴨そばで蕎麦をいただきますと、
鴨の美味しい旨みが加わり、全くの別物
鴨肉も厚切りのものが四枚、生姜の効いた柔らかい鴨団子も旨く
この日一番の美味さでした。
蕎麦湯は結構とろみが強く、旨いですが
やはりつけ鴨の汁に入れたものの方が好みでした。

ランチタイムは珈琲がサービスとの事でお願いしましたが
エスプレッソの濃厚な珈琲も、雑味無くブラックでいただけるもので
蕎麦の後に珈琲も良いものだと思いました。

ご馳走様、良い所とそうでない所が混在していましたが
ご夫婦で平成5年から古民家風のお店を続けられ
お客さんに指示されているお店と思いました。
又、違うものもいただきたいと思いましたが
この辺でも大分強気の価格ですので、頑張ってほしいと思います。
IMG_8577.jpg
IMG_8609.jpg
IMG_8602.jpg
IMG_8608.jpg
IMG_8612.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カメさん

Author:カメさん
♪龍宮城♪で書けなかった
思っていることをつれづれに
書こうと思います。(^ー^)

カメさんの食べ歩き
「フォト蔵」
「フォト蔵」
FC2カウンター
リンク
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クリック募金
ブログ内検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック